適正な住宅価格と快適な間取りで平屋・二階建ての家を建てる。熊本のセミオーダー注文住宅

消費税が10%に!消費税8%で家を建てる方法は?

増税間近!消費税10%に。消費税8%で家を建てたい方へ。いつまでに、なにをすればいいか、ご存知ですか?

いよいよ増税間近。2019年10月1日から、消費税が8%から、10%へと増税されます。もちろん、家の購入にも消費税は、しっかりと課税されてしまいます。マイホームは人生でいちばんといっていいほど、大きな買い物です。2%といえども、大きな差がでてきてしまいます。

たとえば、消費税がかかってしまう新築費用<建築費用 + 新生活費用(引っ越し・家具の購入など)>が、合計で2000万円になった場合、増税前だと160万円で済む消費税が、200万円になってしまうことに。いま、家づくりを考えている方は、増税前に家を建ててしまいたい、と思われることでしょう。

では、消費税の増税前に、家を建てるためには、いつまでになにをすればいいか、ご存知ですか?

まだ、先のことだし、いますぐに、家づくりをはじめなくても大丈夫。とお考えの方も多いはず。でも、ご注意ください。家づくりをはじめるタイミングが、すこし遅れただけで、消費税10%で家を建ててしまうことになってしまうかも。

消費税8%で家を購入するためのポイント。
家の引き渡し時期と、工事請負契約のタイミングが重要です。

増税前の消費税8%で、家を購入するための、いちばん、わかりやすいタイミングのケースは、消費税8%の期間中に、家を購入し、引き渡しまで完了しているという場合。2019年9月30日までに、家の引き渡しが完了していれば、もちろん、消費税は8%です。(ただし、1日でも遅れると、消費税は10%に...)

もちろん、この考え方も、正解のうちのひとつなのですが、建売住宅などの、すでに完成している家を購入する場合ではなく、ひとつひとつ、理想のマイホームをつくりあげていく家づくりを選んだ場合、スケジュール通りに進まずに、2019年9月30日までの家の引き渡しが、むずかしくなることも。

引き渡しが間に合わなくて、消費税10%になるなんて困る... と心配しているあなた。ご安心ください。

2019年9月30日までに、家の引き渡しが完了しなくても、消費税8%で家を購入できる「経過措置」という方法が、国税庁によって準備されています。

消費税8%で家を購入するための、もうひとつの方法。みなさん、もう、おわかりになりましたよね。ここで大切なポイントは、これです。

工事請負契約を、経過措置期限 2019年3月31日までに結ぶこと。

熊本は、いま、震災復興を目指している時期です。住宅業界の人手不足が深刻化してきており、2019年9月30日までに、家の引き渡しを受けられないケースも十分に考えられます。安心して、確実に、消費税8%で家を建てるためには、工事請負契約を、経過措置期限の2019年3月31日までに締結することを目指すことが、ベストの方法といえるでしょう。

増税前の「駆け込み需要」を予測!周囲の動きにも注意しましょう。

過去に、消費税が5%から8%に増税されたたタイミングでは、増税前の住宅購入希望者が住宅会社に殺到するという「駆け込み需要」の現象が起こりました。たくさんの住宅購入希望者が、同じ時期に集中したことで、住宅業界は、次のような状況になりました。

ひとりの営業マンの担当する物件数が多くなり、打ち合わせ日程の融通がきかなくなる。

急いで土地を購入しなくてはいけなくなり、候補の土地をいくつも下見に行く時間が確保しにくくなる。

プランの打ち合わせに十分な時間を取れず、契約後に「こうしておけばよかった...」という要望が出てくる。

一生に一度の大きな買い物となるマイホーム。いい家、納得する家を実現するため、じっくりと時間をかけて、家づくりを進めたいと考えている方は、駆け込み需要が始まる前にスタートすることを、おすすめします。

さらに、熊本では、駆け込み需要のあとの工期にも注意が必要!

熊本で、家づくりをご検討中の方は、消費税10%の増税前におこる駆け込み需要のあとの「工期」にも、注意する必要があります。

ちょっと金額は上がるけど、焦ってはじめなくてもいいかな...
駆け込み需要が落ち着いてから、ゆっくりと家づくりをはじめよう...

そう思っていても、熊本で家づくりを考えている方が、一番気をつけておかないといけない点は、駆け込み需要の前と後では、工期が大幅に変わる可能性があるといこうこと。建築現場の人でが慢性的に不足している現在、増税で需要が集中することによって、家の建築にかかる時間が、いまよりも長引く可能性があります。

その場合、次のような問題が起こることが予想されます。

子どもの小学校入学までに家を建てる予定だったが、間に合わず、結局、転校させることになってしまった。

現在の住まいに、家賃を払い続ける期間が長くなり、払わなくてもよかったムダな出費が増えてしまった。

工期が長引いた分、住宅ローンの完済年齢が上がってしまい、将来的な生活が苦しくなるかも。

このように「いつまでには建てたい」という希望時期があっても、駆け込み需要の後では、その理想のライフプランを叶えられなくなる危険性があるんです。そうなってからでは、「好みの住宅メーカー」ではなく、「希望時期に間に合う住宅メーカー」という、限られた選択肢の中から選ばなくてはいけなくなってしまいます。

駆け込み需要後の工期の遅れを避けるなら、駆け込み需要が起きた後ではなく、起こる前。入居時期に希望がある方や、気に入った住宅メーカーで家を建てたい方は、いまのうちから住宅会社に工期の確認をしておきましょう。

まずは、資料請求からはじめしょう。
価格も掲載した間取りプラン集をプレゼント中です。

増税前の家づくりをご検討中の方は、まずは、価格も掲載した間取りプラン集をゲットするところからスタートしましょう。ジャストホームでは、ムリな営業を一切しておりません。安心して、お気軽にお申し込みください。